宇治茶と京菓子の楽市 光泉洞  
トップページ 利用案内 法律に基づく表記 FAQ お問い合わせ
楽市光泉洞写真楽市光泉洞写真
トップページ
取扱商品一覧
商品案内
宇治茶
干菓子
宝瓶スターターキット
詰め合わせセット
送料無料商品一覧
その他
ご利用方法
初めてご利用の方へ
配送について
お店のご紹介
店主の日記re-start
京町屋お昼処
京町屋店舗
京町家お昼処
光泉洞寿み
 
〒604-8106 京都市中京区
姉小路堺町東入ル南
電話:075-241-7377
時間:11:30〜16:00
日曜日・祝日は不定休

お茶の手もみの様子や光泉洞店内がムービーでご覧いただけます。
その他
お茶のおいしい淹れ方
今夜のおばんざい
京都いろいろ
光泉洞の本屋さん
和茶菓子サンプル
京町屋光泉洞が京都のお茶と和菓子のセレクトショップをはじめるのにあたり、そのお味を皆様に知っていただくため心を込めて用意いたしました。
お茶は吉田銘茶園特製の「おくみどり」30グラム(4回〜5回分)和菓子は柏庵特製の「吉兆扇」紅白でふたつ。バーチャルショップのスタートを祝い少し開きかけたお扇子の型で抜いた京干菓子。寒梅粉に栗風味の赤豌豆の粉を混ぜ独特の食感を手でもみ出しました。お菓子作りの様子は動画movieでみていただけます。是非この機会にお試しください。
和茶菓子サンプル
▲ページトップへ
吉田銘茶園の「おくみどり」
茶の本場宇治で十六代の歴史を持つ丸利吉田銘茶園。その有する数ある茶園の中でも、特に宇治遊田地区茶園にて生産された煎茶おくみどり。小さめの急須で多目の葉を使い六十度から八十度のお湯でゆっくりと淹れ、急須の茶は最後の一滴まで絞りきる。握りこぶし大の急須で大匙一杯。
吉田銘茶園の「おくみどり」
▲ページトップへ
吉田銘茶園の「茎ほうじ茶」
丸利吉田銘茶園の茎焙じ茶。香りの強さがおすすめです。
このお品は玉露の茎のみを選んで、それを焙じて作りました。
玉露専門農家ならではのお品です。
香りは茎、味は葉からと申しまして、味わい濃い玉露の茶樹なら
ではのお品。葉を隠し味に1割混ぜております。雑味のまったくない
珍しい高級ほうじ茶を是非お試しください。
吉田銘茶園の「茎ほうじ茶」
▲ページトップへ
吉田銘茶園の「手揉玉露」
丸利吉田銘茶園の手もみ玉露。一芯三葉の新芽を名人吉田利一が手もみした、百グラム一万円の最高級品を三十グラム缶に詰め、和紙で包んでいます。当代利一の作で手もみの風景は動画でご覧いただけます。
吉田銘茶園の「手揉玉露」
▲ページトップへ
吉田銘茶園の「お抹茶」
茶碗菓子のために丸利吉田銘茶園のお抹茶を十グラム。初めてお茶を点てていただく時にと添えました。小さじ軽く一杯が一回分です。当代利一の作で手もみの風景は動画でご覧いただけます。
吉田銘茶園の「お抹茶」
▲ページトップへ
光泉洞の京和菓子弁当「松菓堂」
京町屋「光泉洞」のオリジナル菓子弁当。中はフルーツ飴または季節の金平糖、半生京和菓子、和三盆の「おちょぼ」に囲まれた柏庵の「無辺」。姉小路の鰹問屋「松島屋」厳選の白玉麩(お料理用)と彩とりどりです。季節により詰め合わせは変わります。
光泉洞の京和菓子弁当「松菓堂」
▲ページトップへ
柏庵の茶碗菓子「遊」
柏庵の菓子茶碗。清水焼の地に店を構える柏庵先代の創作菓子です。お薄を点てていただきますとほの甘いお茶が仕上がります。その後はお菓子として美味しく召し上がっていただけます。
柏庵の茶碗菓子「遊」
▲ページトップへ
市原平兵衛商店の「利休箸」
箸は京都「いちはら」の杉利休箸。箸紙には、一点一点手書きで日本画家林恵花の画です。
市原平兵衛商店の「利休箸」
▲ページトップへ
亀末廣の「京金平糖」
老舗「亀末廣」の品。格式の高い京都の本当の老舗の品を特別に亀甲箱に収めてお届けします。その風格ある店の様子も動画にてご案内。
亀末廣の「京金平糖」
▲ページトップへ
川中昇之の「扇面」
茶会用の小型の扇面に書家川中昇之の墨が千字文より一字。そのまま飾ることも扇子屋で茶扇子に仕立てる事もできます。
川中昇之の「扇面」
▲ページトップへ
数穂の「お薄用茶筅」
これは、竹を七十本ほどに切ってある数穂と呼ばれる茶筅です。お抹茶と菓子茶碗のセットに入ります。
数穂の「お薄用茶筅」
▲ページトップへ
和紙製京花筐
福井産の和紙に梅花柄を桃色で漉き込んだ和染めのはなやかな和紙箱です。整理箱としてCDの収まる大きさです。
和紙製京花筐
▲ページトップへ
和紙製京泉筐
福井産の和紙に友禅人形柄を漉き込んだ上ぶた、それに金茶色の身箱を取り合わせてみました。整理箱としてCDの収まる大きさです。
和紙製京泉筐
▲ページトップへ
越前和紙京遊筐
柔らかい色を選び、別漉きの福井越前和紙を使用しました。手触りも和紙独特で、大きさは、整理箱としてCDが収まり、A4の紙も立てておける奥行きです。
越前和紙京遊筐
▲ページトップへ
桐製京桐筐
動画でもその製作工場をご覧になれます。京都の桐箱職人の手によるもので面取りをしたきれいな箱に仕上がりました。前面に黒檀のチョボを飾り、木肌の白さをひきたててみました。桐箱は湿気を吸い、中の品を保管するのに最適です。 大切なものを収めるのにお使いください。大きさはCDの並ぶ大きさです。
桐製京桐筐
▲ページトップへ

(c) 2004-2005 RAKUICHI KOSENDO, All Rights Reserved.