GARMIN ForeAthlete GPSランニングウォッチ(230J)をレビュー!

今回はGARMIN ForeAthlete GPSランニングウォッチ 230J のレビューです

コロナ前までジムや室内運動場を利用して定期的に体を動かしていましたが、コロナ渦にて室内運動場が軒並み閉鎖してしまった為、ランニングやウォーキングを開始しました。

走るペースや時間を見るため、ランニングウォッチを探していたところ、本製品を見つけました。

断然画面が見やすく、GPS対応だったので歩数や距離の測定精度が良いだろうと考え購入しました。

目次

GARMIN ForeAthlete GPSランニングウォッチ 230J の特徴

GPS機器メーカーのガーミンが手掛けるランニングウォッチシリーズの最安モデルです。

時計として使うモードとランニングやバイクでの測定モード、2種類があります。

ランニング(室内、屋外2モード)とバイクのモードがあり、走行中のタイムや距離の測定だけではなく、キロ当たりの走行ペースが表示されます。

通常モードでは歩数計、距離の測定機能が付いており、ウォーキングでも使用できます。

その他機能として、Bluetoothでスマホとの接続ができ、モバイルアプリとの連動(現在地の確認、運動量のモニター)やスマホの音楽再生機能の制御が可能です。

GARMIN ForeAthleteを使ってみた感想

軽くて画面が大きく見やすいです。

ランニングウォッチだけで見れば、本製品より軽いものはありますが、その分液晶画面が小さくて見辛い、ボタンが小さくて押しづらい等の不満点がありました。

バックライト付きな為、暗い場所でも見やすく、ランニングウォッチとしては断トツで使いやすいです。

デメリットだと感じるところ

・バンドが脆い

軽量にしようとした結果なのか、

バンドが割れやすく2年程度の使用で切れました。

1000円の替えバンドが売っていますが、自力で交換作業は可能です。

・価格は2万円台

ガーミンが販売しているランニングウォッチの中では最安モデルですが、それでも2万円台(現在はアマゾンで1万7千円)の為、購入前に少し考えてしまいます。

歩数計のみの表示であれば他社に安いランニングウォッチがあります。

自分は普段使いもしているので価格には満足しています。

・充電はクリップ型の純正ケーブル

充電には専用のケーブルが必要です。代替ができない為、紛失時は再度購入が必要になります。また、クリップで固定する方式の為、はさみ方が悪いと反応しません。

メリットだと感じるところ

・軽量でシンプル

本体重量は40gと軽く、着けていて違和感が無いです。

デザインもシンプルな為、時計のみでも問題なく普段使いできます。

・基本機能が充実

ランニング、ウォーキング、バイクと使える場面は多いです。

測定だけでなく、データを見返したり、インターバルを設定してトレーニングしたりと、ランニングウォッチの中では必要機能が十二分以上に搭載されています。

スタート地点の方角が記録される為、初めて走る道でも迷子になりません。

・画面カスタマイズができる

ガーミンのサイトにて壁紙のダウンロードができ、時計画面のカスタマイズができます

。壁紙は20種類以上と、自分好みにカスタマイズできます。

・バッテリー持ちが良い

測定モードでの使用は16時間程度ですが、時計の使用のみの場合は最長2ヶ月程度バッテリーが持ちます。

GARMIN ForeAthleteを使い始めて変わったこと

ランニング、ウォーキングのモチベーションが上がります。

測るだけでなく、記録するという機能も充実している為、自己ベストの更新を狙ったり、普段の消費カロリーを確認したりと、走る、歩くという行動が今より楽しくなります。

GARMIN ForeAthleteはこんな人にはおすすめ

ランニング、ウォーキング、バイク、ハイキングが趣味な方や、それらを始めたいと考えている方にお勧めできます。

基本機能が充実しており軽量で使いやすい為、使用者を選びません。

スマートウォッチを買ってみたけど、ヘルス機能と時計がメインで、電話やメール機能は結局使わなかったという方にもお勧めできます。

目次