HUAWEI MateBook D 15(BoD-WDH9)のレビュー!メリットとデメリットも紹介

今回はHUAWEI MateBook D15のレビューです。

普段使っているパソコンのデータが重くなってしまい、Zoom用に、簡単なパソコンが欲しいと思い、電気屋さんに行きました。

店員さんに、Zoom程度でしか使わない、WordもExcelも使わないと話したところ、紹介されたのがHUAWEI MateBook。

値段も、予算より安く、すぐに購入することを決めました。

普段使っているパソコンがmacだったので、windowsがあってもいいかなと思い、使ってみることにしました。

目次

HUAWEI MateBook D15の特徴

シンプルで、普段使いに最適です。値段もお手頃です。

メモリが少ないので、課金するか、USBやSSDで補うのがいいと思います。

カメラも、隠したり出したりでき、防犯にも最適です。

macのようには多機能ではありませんが、普通に使うには十分です。

HUAWEI MateBook D15を使ってみた感想

重宝しています。仕事には不向きなように感じますが、趣味で使う分には、全く問題ないです。

Cubase11という音楽ソフトで、曲を作っています。

また、CLIP STUDIO PAINTというお絵描きソフトも入れています。

両方のソフトを入れられたので、便利に使っています。

仕事では、Zoomだけこのパソコンを利用しており、他の作業は別のパソコンと分けて使っています。

デメリットだと感じるところ

実さに使い始めてから、デメリットだなと感じたところを紹介していきます。

メモリが少ない

Cubase11という音楽ソフトで一曲作ったら、もうメモリがいっぱいになってしまいました。

今は、SSDを入れることで対処しています。

インターネットの最初の画面の変え方がわからない

インターネットの最初の画面をgoogleに変えたいのですが、変え方が難しく、分かりません。

最初の画面にはニュースがたくさん出てくるのですが、情報を取りたくない時にこの画面が出てくると、疲れてしまいます。

カメラの角度が下から

下の写真のようにカメラがキーボードの真ん中についてるんです。

カメラが下からの角度なので、顔が写ると、ちょっと変な角度からになります

メリットだと感じるところ

使ってみてよかったところを紹介します。

処理速度が速い

今、2台パソコンを使っているのですが、このパソコンは処理速度が十分だと感じます。

カメラを、隠すことができる

カメラは、出したり隠したりすることができます。

隠しておけば、自分の姿を誰か悪意のある人に見られず、安心です。

USBを入れるところが3つある

USBを入れるところがたくさんあるので、同時にUSBを複数入れられて便利です。

薄型で持ち運びに便利

持ち運んで、いつでもどこでも使えるように思います。

使い始めて変わったこと

今、CLIP STUDIO PAINTというお絵描きソフトと、Cubase11という音楽ソフトを入れています。

趣味でソフトを入れて遊ぶ分には、十分処理速度があります。

1台で音楽もお絵描きもできるので、趣味の幅が広がりました。

遊びのある生活になった気がします。

こんな人にはおすすめ

メインのパソコンというより、メインのパソコンを補佐するために、サブとして持つのがおすすめです。

Zoomなど、インターネット会議にもおすすめです。

Zoomなどをする分には、十分処理速度があると思います。

目次