ドスパラ(raytrek R5-TA6)のレビュー!使ってみて感じるメリット・デメリットも紹介

今回はドスパラ(raytrek R5-TA6)のレビューです。

私がこのパソコンを買おうと思ったのは新しく何か自分の収入源となるものとして、動画編集を学びたかったからです。

高い買い物なので色々と迷ったのですが、それまでのパソコンではグラフィックボードなど、スペックが動画編集には足りなすぎるため購入を決めました。

目次

ドスパラ(raytrek R5-TA6)の特徴

このパソコンの特徴は、部品をカスタムして注文できる商品ということです。

できる限りのハイスペックで注文しました。

Windows11 

CPU:インテルCorei7 

グラフィック:NVIDIA GeForce RTX3060 6GB GDDR6 

メモリ:32GBというスペックです。

動画を編集するには十分な機能を備えました。

あまりそのようなスペック的なことを考えたことのなかった私は、とにかく高めの数字のもので、金額的に受容できる範囲で選びました。

ドスパラ(raytrek R5-TA6)を使ってみた感想

はじめてパソコンをセットアップして使ったときの感想は、今までのと変わらない?と「いったものでした。

動画編集を勉強する前なので、あまり購入したスペックを活かす作業をパソコンにさせていないのでそのような感想だったのですが、実際に動画編集の勉強を始めるとその速さを実感するようになりました。

「早い」と実感できました。

デメリットだと感じるところ

このパソコンのデメリットとしては

【値段かそこそこ高い】

当然ハイスペックな部品を取り揃えようとすれば高額になり、その出費は覚悟がいります。

簡単に購入できるものではないことが最大のデメリットです。

【何かあった時の情報は少ない】

このパソコンブランドは有名ですが、どちらかというと玄人が好む部類になります。

私のような詳しくないものにとっては、自分で不具合の解決をネットで探ろうと思っても情報が少ないことがあります。

メリットだと感じるところ

このパソコンのメリットとしては

【動画編集などパソコンに負荷がかかる作業が得意】

とにかくノートパソコンにしてはハイスペックなので、たいていの作業はフリーズしたり、遅さを感じることなく作業を行えます。

【無駄なアプリ・ソフトが付いてこない】

BTOパソコンであるため、パソコンに付随する使わないソフトがインストールされていないので無駄な容量を食わないというメリットがあります。

自分仕様に作り上げていくことができます。

使い始めて変わったこと

このパソコンを使うことで、動画編集の勉強を進めていくことができました。

動作も安定しているため快適にデジタル作業ができます。

これまで負荷のかかる作業ではエクセルの大量データを扱う場面でさえ固まってしまうなどの動作があったので、やっぱりハイスペックパソコンは違うなと実感できています。

こんな人にはおすすめ

このパソコン(BTOでパイスペック化すること)をお勧めしたいのは、私のように動画を扱う作業をする人です。

安いパソコンでだましだまし使っていても、動画編集ソフトでスペックによって表示されない機能などがあるため不利益がありますので、思い切ってハイスペックにすることをお勧めしたいです。

目次