厄年の厄除けネックレスに人気のブランドは?ティファニー、4℃など相場も紹介

厄年で厄を払うために身に着けるネックレスの人気のブランドは、やはりTiffanyや4℃などが挙げられます。

長い人生訪れる厄年をできれば何事もなく過ごしてしまいたいですよね。

昔から長寿を祈り、厄年の女性に長いものを送ってきたという日本の文化。

今回の記事では、厄年の女性にプレゼントするのであれば、どんなブランドがあるのかご紹介していきますね。

目次

厄除けのネックレスに人気のブランド

厄除けのためにネックレスを購入する人気のブランドはコチラです。

  • Tiffany(ティファニー)
  • 4℃(ヨンドシー)
  • Cartier(カルティエ)
  • MIKIMOTO(ミキモト)

どのブランドも女性であれば、一度は憧れるブランドばかりです。

どんな商品があるのかご紹介しますね。

Tiffany(ティファニー)

まずはTiffanyです。

Tiffanyはブライダルブランドの中でも特に人気のブランドです。

可愛らしい商品が多く、多くの女性からの憧れのブランドですよね。

お値段は少し上がりますが、ぜひお気に入りの商品を見つけてください。

4℃(ヨンドシー)

続いては4℃です。

こちらのブランドは国内ブランドでも特に人気のファッションジュエリーブランドです。

比較的手が出しやすいお値段ですので、若年層にも人気のブランドとなっています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

Cartier(カルティエ)

王道のジュエリーブランド、Cartierも人気のブランドですね。

個性的なデザインが好みの方はコチラのブランドが気に入るかもしれません。

高級なものも多いですが値段の幅も広く設定されているので、予算内で素敵なネックレスを見つけることができるでしょう。

MIKIMOTO(ミキモト)

日本国内のジュエリーブランドでトップクラスと言えば、やはりMIKIMOTOが挙げられます。

海外の商品ももちろん魅力的ですが、国内ブランドという安心感もありますね。

MIKIMOTOの商品もお値段は上がりますが、その分さまざまな年代に愛される商品が揃っていますよ。

厄年の女性にネックレスを贈るのはなぜ

厄年の女性にネックレスを贈る理由は、厄を払う方法として「命を長らえる」という意味で「長いもの」を贈るといいという話からきています。

昔の方は今よりも短命な方が多かったそうです。

長寿を祈って「長いもの」をプレゼントしていたとか。

「長いもの」の代表としてあげられるのはやはりネックレスですね。

女性の厄年は「19歳」と「33歳」です。

19歳は翌年から20歳と成人の仲間入り。

33歳となると出産を終え子育てに奮闘する人や、キャリアを積み新しい役職として仕事を頑張る人も。

長い人生の中でもいろんなことが変わってくる年齢でもあるので、体調も崩しやすいのだとか。

そういった節目の歳に厄払いも含めて新しいネックレスを付けることはいいことですね。

相場はどれくらい?

厄払いのネックレスの値段相場は決まっていません。

ネックレスを贈る相手の年齢層に合わせた値段を検討するのがいいかもしれません。

例えば、19歳の女性に対して「ハイブランドは少し早いな・・・」と感じる人もいるでしょう。

そんな時は少しお手頃な値段のネックレスをプレゼントするといいかもしれませんね。

相手の人がどんな人なのかによって値段の相場を決めてみてくださいね。

ちなみに、ブランド別に値段はコチラ。

Tiffany30,000~50,000円
4℃10,000~30,000円
Cartier100,000~800,000円以上
MIKIMOTO30,000~700,000円以上

厄年のためのネックレスはいつ買うもの?

基本的には前厄から大厄が始まる前までに買うのが良いとされています。

一番災いや厄が降りかかりやすいのは、大厄と言われているからですね。

もしどなたかに厄払いのためのネックレスを贈ろうと考えている方は、早めにいい商品を見つけておく方がいいかもしれません。

ただ、「できれば」ですので、大厄が過ぎた後でもプレゼントすることは問題ないようです。

自分で買うのはどうなの

厄払い用のネックレスを自分で買い求めるのも問題ありません。

他の人からのプレゼントとなると、好みじゃないものもあるかもしれませんよね。

自分好みのかわいいネックレスを買いたい!と思う人もいるでしょう。

日頃のご褒美と称して、厄払いを兼ねた自分へのプレゼントを買うのもいいですね。

迷っている方は、ぜひいろんな商品を見てくださいね。

まとめ

今回の記事では厄年の女性に贈る厄除けのネックレスについて詳しく解説しました。

もともとは「命を長らえる」という祈りからきている考え方です。

お値段やブランドなどと相談はいりますが、贈ってあげたい人がいればぜひ検討してみてくださいね。

厄払いはもちろん、プレゼントとして貰った女性はとても喜びますよ。

自分へのプレゼントとして買うのも素敵、厄が気になる人はいい商品と巡り合えるといいですね。

目次